女性専門ホームページ制作・アメブロカスタマイズ F-Labo

自宅サロン、女性起業向け集客をサポートする女性だけのトータルビジネスデザインチームです

SerchConsoleとは?初心者でもわかる登録方法と基本操作

478 views
約 10 分

自分のブログやホームページは、どんなキーワードで検索した人が訪問しているのでしょうか?

それが詳しくわかるのが「SerchConsole(サーチコンソール)」です。

SerchConsoleについて調べてはみたけど、

  • 言葉が難しすぎてよくわからない
  • 登録しようと思ったけどHTMLとかでてきて挫折した
  • 結局メリットがわからず諦めた

この記事は、そんなパソコンが苦手な方でも「検索ワードを知りたい!」という目的のみをシンプルに達成できるよう、一番簡単な登録方法、必要最低限見る場所だけを解説します。

SerchConsoleとは?

GoogleSerchConsoleとはGoogleが無料で提供しているサイトの解析ツールです。

サイトの状態を知ることができるツールで、サイト改善に役立ちます。

また、SerchConsoleに登録すると検索エンジンに早くインデックスされやすくなる(Googleに登録されること)というメリットもあります。

ブログは見てもらってなんぼ。

登録しておいて損はありません。

SerchConsoleでわかること

SerchConsoleを使うことで、どんな言葉で検索されたかという検索ワード、検索結果による表示回数、クリック率、検索結果の表示順位などのサイトに関する多くのことを知ることができます。

サマリー

どんな言葉で検索されているか?

やはりサイトを作った際に気になるのことの一つはどんな言葉で検索されているか、ですよね。

自分のサイトがどんな言葉で検索されて辿り着いたのか知るのはサイトを運営する上で重要です。

また、こんな言葉で検索されているのかというのが分かるのはちょっと楽しいですよね。

SerchConsoleの検索ワードは1回でも検索結果に表示されたものを知ることができます。

どのくらい表示されたか?

ある言葉で検索された結果、検索結果画面に表示された回数もわかります。

どんな言葉で検索されたら表示されやすいのかは知っておきたいですよね。

表示回数は(後述するクリック率と掲載順位も同様)、ページごと・国ごと・日付ごとの結果もあり、詳しく分析ができます。

どのくらいクリックされたか?

検索結果画面に表示された上でどのくらいクリックされたかというクリック数も調べることができます。

「平均CTR」という項目で検索結果画面に表示されたうちのクリック率もわかります。

検索する立場で、検索結果の無機質な画面においてどんなサイトをクリックするかを考える機会にもなりますね。

何番目に表示されているのか?

検索結果画面の上位に掲載されているほどクリックされる機会も必然的に増えます。

掲載順位を上げるには・・・というとSEOの話しになってきますが、まずはどのあたりに掲載されているかを確認してみましょう!

【検索結果画面】

検索結果画面

他にもどのサイトからリンクが貼られてるとか、Googleさんにどれだけ認識してもらってるかとか、Googleさんが巡回する際のエラーがないかとか・・・

細かいことをみていくとたくさんあるのですが、今の段階ではまず「SerchConsoleを導入するとこんなことが知れるんだ!」ということだけ理解しておいてください。

SerchConsoleの登録方法

SerchConsoleの登録方法で一番ネックになるのが「所有権の確認」というところです。

「HTML」とか「タグなんちゃら」とか聞き慣れない言葉がでてくるので、パソコン初心者の多くの方が、ここで挫折して登録を諦めます。

実は方法は何種類か用意されていて、その中で一番簡単なのが「Googleアナリティクスと連携させる方法」なのです。

そもそもGoogleアナリティクスって何?という方もいるかと思いますが、SerchConsoleはGoogleアナリティクスとセットで使うと非常に便利ですので、まずはGoogleアナリティクスの登録を済ませておいてください。

SerchConsoleにURLを登録

さっそくSerchConsoleに登録していきましょう。

登録はこちらから。

SerchConsole登録

「今すぐ開始」をクリックすると次は「プロパティを選択」の画面になります。

「プロパティ」って何?という疑問も浮かびますが、ここではURLとかドメインのことくらいの理解で大丈夫です。

URLを登録する方法は2つです。

  • ドメイン:サブドメイン、「http://」「https://」等全部ひっくるめて登録できる
  • URLプレフィックス:サブドメイン、「http://」「https://」等を分けて登録できる

次の所有権の確認が初心者の方には少し難しいので、この記事ではGoogleアナリティクスで確認できるURLプレフィックスを選択します。

URLプレフィックス

全部ひっくるめて登録できるなら「ドメイン」の方がいいんじゃないの?と思うと思いますが、「http://」「https://」、「www」の有無等の違いくらいです。

自身のサイトのみの分析であれば「URLプレフィックス」でも全然大丈夫です。

慣れてきたらドメインで登録するのもいいかもしれません。

所有権の確認(Googleアナリティクス使用)

そのサイトが本当に本人のサイトなのかを確認するために行います。

所有権の確認にはいくつか方法があります。※URLプレフィックス

  • HTML ファイルをアップロードする
  • HTML タグ
  • DNS レコード
  • Google アナリティクス トラッキング コード
  • Google タグ マネージャー コンテナ スニペット
  • Google サイト
  • Blogger

普段から使い慣れいない人にとってはよくわかりませんよね。

その方法を調べても「メタタグ」とか「XT」と聞き慣れない言葉が多く登場してきます。

であれば、今後使うであろうGoogleアナリティクスを先に登録しておいて、そこから確認するのが楽であり便利です。

いろんなやり方を知っているのに損はありませんが、まずは導入することが大事なのでここではGoogleアナリティクスで確認する方法をご紹介します。

Googleアナリティクスを使う所有権確認方法

「Google アナリティクス」を選択します。

アナリティクスで確認

「確認」をクリックします。

所有権確認

暫くすると下のような画面になります。

所有権確認

これで導入完了です。

※注意
1.アナリティクスとサイトが連携できていないと確認できません。
2.アナリティクスと別のGoogleアカウントだと確認できません。

所有権確認できず

【参考】上級者向け「ドメイン」での所有者確認方法

一つ一つURLを登録するのは面倒だから全部まとめて登録したいという場合は最初の選択画面で「ドメイン」を選択します。

ドメイン登録

ドメインを選択した場合の確認方法は「DNSでの確認方法」一択です。

XTXレコード

TXTレコードをコピーしてサーバーのDNS設定のところに貼り付ける作業になります。

一旦この画面を置いておいて、TXTレコードを貼り付けて、この画面に戻って「確認」をクリックします。

サーバーによって設定方法が異なりますのでご自身が使っているサーバーでの設定方法をご確認ください。

検索ワードの調べ方

所有権の確認ができれば早速活用してみましょう。

まずはどんな言葉で検索されてサイトに辿り着いたか。

検索ワードは「検索パフォーマンス」の項目から確認できます。

検索パフォーマンスの画面について

検索パフォーマンス
  1. 合計クリック数:クリックされた回数
  2. 合計表示回数:検索結果で載った回数
  3. 平均CTR:表示されたうちのクリック率
  4. 平均掲載順位:検索結果の平均の掲載順位

調べたい期間を「日付」のところで設定します。

日付
  • フィルタ:画面に表示させたい期間を選択できます
  • 比較:選択した期間を比較しグラフにしてくれます
比較

表示は「フィルタ」か「比較」のどちらか一方なります。

検索ワードの調べ方

検索ワードを知るには、検索パフォーマンスのグラフの下にある「クエリ」を見ます。

「検索ワード」のことをクエリと言います。

検索ワード

どんな言葉が何回表示されて何回クリックされたかがわかります。

また、そのキーワードでの掲載順位が知りたいときは上のグラフの「掲載順位」をクリックすると見られるようになります。

グラフと共に反映されます。

掲載順位追加

同様の操作でCTRも見られるようになります。

クリック率追加

記事ごとの詳細を調べる

記事ごとの詳細は「クエリ」の隣の「ページ」で確認できます。

こちらも検索ワードと同様に上のグラフから知りたい項目を選択することができます。

ページごと

他にも

  • デバイス(ページを見た端末 パソコン/スマートフォン/タブレット)
  • 検索での見え方(オリジナルのページなのか軽量化されたページなのか)
  • 日付

それぞれの項目を確認できますが、まずはどんな言葉で検索されてそのページが何回表示されたかがわかればOKです!

GoogleアナリティクスとSerchConsoleの違い

Googleアナリティクスは有名なので知っている方も多いと思います。SerchConsoleもGoogleが無料で提供しているツールですが、いったい何が違うのでしょうか?

Googleアナリティクスとの違い

Googleアナリティクスはアクセス解析がメインであるのに対して、SerchConsoleはサイト自体の解析がメインです。

両者得意分野が違うのでそれぞれ登録しておくことをお勧めします。

Googleアナリティクスの (not provided)

Googleアナリティクスの検索ワードで最も多いのが「not provided」です。

not provided

これはキーワードが分析できなかった時の表示です。

つまり、Googleアナリティクスでは検索ワードのほとんどを知ることができません。

そこで、SerchConsoleを使います。

SerchConsoleを使えば「not provided」をある程度カバーできます。

Googleアナリティクスとの連携方法

GoogleアナリティクスとSerchConsoleを連携すればGoogleアナリティクスでSerchConsoleの検索ワードなどを見ることができます。

連携方法

Googleアナリティクスの左下の歯車(管理)から、プロパティ管理の「SerchConsoleを調整」、もしくは「すべての商品」の「SerchConsoleとリンク」の画面を開きます。

連携方法

SerchConsolの設定画面で「追加」をクリック。

連携方法

所有権を確認したURLが出てくるのでチェックして保存。

連携方法

「OK」をクリックして完了です。

連携するとそれぞれの画面がこのように表示されます。

連携後

なお、所有権の確認が終わっていない場合はURLが出てこないので、連携の作業の前に確認は済ませておきましょう。

所有権未確認の場合

ドメイン登録の場合はこの方法は使えません。

よく出てくる単語解説

覚える必要はありませんが、SerchConsoleの画面では聞いたこともないような単語がいっぱいでてきますので、簡単に説明します。

インデックスカバレッジ

インデックスとはGoogleにサイトのページが認識されていることを言います。

Googleにインデックスされていなければ検索してもページが表示されません。

カバレッジというのは、エラーがないかの検証を行うことを言います。

なのでインデックスカバレッジはサイト・ページがちゃんとGoogleに登録されているかを検証することです。

サイトマップ

サイトマップには二種類あります。

  • HTMLサイトマップ
  • XMLサイトマップ

HTMLサイトマップ

こちらはサイトの構成の一覧です。

サイトに設置してそのサイトがどのように構成されているかを訪問者や自身が見たりページに飛んだりすることができます。

XMLサイトマップ

こちらはGoogle などの検索エンジンに向けてサイトの構成を伝えるファイルです。

SerchConsoleのサイトマップはこちらを指します。

パンくずリスト

訪問者が今サイトのどこにいるのかを視覚的に分かりやすくするためのものです。

だいたいサイトの上部にあることが多いです。

パンくずリスト

当ブログの場合は一番下にあります。

まとめ

SerchConsoleはサイトの解析ツールです。

検索ワードを調べるのはもちろん、サイトの状態を確認したりGoogleに登録されやすくなったりメリットがとてもい多いです。

また、Googleアナリティクスと連携することもできて、両方使うことでサイトの改善に役に立ちます。

聞き慣れない言葉がたくさん出てきて難しそうですが、最初は検索ワードを調べるツールとして使ってみてください。

あなたのサービスを【もっと多くの人】に知ってもらうには?

いまさら人に聞けない【ネット集客の基本】をまとめたPDF資料が今すぐダウンロードできます!

  • 検索にひっかかるってどういうこと?
  • WordPressって何?
  • SNSってやったほうがいいの?
  • メルマガって何のためにやるの?
  • LINE@って必要?
    ・・・他

一般的なネット集客のノウハウをおうちサロン・女性個人事業主の方向けにアレンジしてまとめました。

資料の詳細を見てみる

PC講師20年、おうちサロン歴6年。
次男の障害をきっかけにママ支援をするも、SEOの知識の無さから本当に必要な人に情報が届かないという、もどかしさを経験。それをきっかけにWordPress、SEOを本格的に学び、同じ悩みを持つ女性個人事業主の方に向けて、情報発信をしています。

詳しいプロフィールはこちら