自宅サロンママのためのネット集客術

女性個人事業主専門 WordPressで作るホームページ作成講座

人気のお教室・自宅サロンにするためのホームページに載せるべき5つの項目

2063 views
約 7 分

こんにちは!
ママのためのネット集客術 伊藤真穂です。

自宅での料理教室やお菓子教室、
アロマやカラーのサロン、
セラピーやカウンセリング・・・

「人気のお教室にしたい!」
「常に予約が入るサロンにしたい!」

そう思いますよね。

そんな方に向けて、
これまで数多くのおうちサロン・お教室のホームページを制作してきた私が、
実際の制作事例の中からもご紹介していきます。

これからホームページを作るという方、
ホームページは持っているけど何をどう載せていいかわからない・・という方の参考になると嬉しいです。

掲載したほうがいい5つの項目

非常に当たり前のことですが、これは絶対に載せておいたほうがいいのが以下の5つ。おそらく、ほとんどの方はこのくらいの項目は当然載せています。この後、「どう載せるか?」「どこに載せるか?」を一つ一つご紹介していきますね。

必須項目

  • 誰がやっているのか?(プロフィール)
  • どこでやっているのか?(アクセス)
  • 何を習えるのか?(メニュー)
  • いますぐ受けられるものはなにか?(スケジュール)
  • 申込みはどこからするのか?(申込み)

誰がやっているのか?(プロフィール)

これは2018年8月のGoogleアップデートによって、より高まっている「ブログ専門性」という部分にも大きく関連してきます。

SEO的にも、今後は「どこの誰が運営しているサイトなのか」ということは、非常に重要視されていきます。

いつでもどこでも、ネットで気軽に商品や情報、サービスが手に入るようになった時代。同じようなサービスがあふれる中、私たちも「誰から買うのか」という点を無意識に選んでいるはずです。

ホームページ内で「ひと」をアピールする方法を事例とともに、いくつかご紹介します。

ヘッダーに画像で入れる

サイドバーに入れる
サイドバーにプロフィールトップのPR部分に入れる

記事下に入れる

ポイント

・「ひと」の姿をちゃんと入れる
・メニューバー以外の目につくところに入れる

中には様々なご事情で顔写真を出したくない・・という方もいらっしゃるかと思います。そんな方は、似顔絵のイラストでもOKです。ちゃんと「ひとらしさ」「ひとけ」が出るようにしてください。

どこでやっているのか?(アクセス)

皆さんもそうだと思いますが、目的があって探している場合は、検索をする時に「地域名」を入れると思います。

私は横浜に住んでいるので、何かを探す時にはだいたい「横浜 ◯◯」と探します。

なので、地域名が必要なのはSEO対策の意味もあるため、入れる場所は「ブログタイトル」になります。

WordPressの場合は、「設定」ー「一般設定」の「サイトのタイトル」に入れます。タイトルに入れるのが難しければ「キャッチフレーズ」に入れます。(どちらかに入れればOK)サイトタイトルの設定

ここでの注意点としては、入れすぎないこと。

アメブロの記事などで、たまに「◯◯市の◯◯・・」といったものを全記事のタイトルに入れている方がいますが、あれは逆効果ですのでやめたほうがいいです。Googleさんはとても賢いので、1箇所に入っていればちゃんと拾ってくれますよ。

ビジュアル的にアピールしたいなら、プロフィール同様ヘッダー画像などに入れておくと、一目でわかって親切です。

また、店舗があってオモテに出してOKならGoogleの地図を入れておくのは、今は必須ですね。

何を得られるのか?(メニュー)

何を習えるのか?
何を得られるのか?

メニューを並べるのもいいのですが「結果どうなる」が、シンプルに目に飛び込んでいく位置にあることが大切です。

・◯◯になれる!
・◯◯が作れるようになる!
・幸せになる!
・楽になる!
・悩みが解決する!

何を(メニューやサービス)通してそうなれるのか?

それをシンプルにアピールすること。

具体的なメニュー名を並べる前に、トップページで表現できるといいですね。

今すぐ受けられるものは何か?(スケジュール)

ここまでの内容をクリアして、「受けたい!行ってみたい!」と思わせることができたら、あとは「いつどこで」ですね。

これは提供しているサービスによって、変わってきます。

<固定の日程でレッスンなど募集している場合>
メニューバーに「スケジュール」という項目を作り、3ヶ月後ぐらいまでの予定を入れておく。サイドバーやトップページに「最新のスケジュールはこちら」というバナーやお知らせ一覧を作ると、なお良い。

<個別の対応をしている場合>
予約システムや問合せフォームから、希望日時を入れて予約してもらいたい場合は「ご予約」「お申込み」といった項目を入れておく。

WordPressでホームページを作成した場合、最近はスマホでスクロールしてもいつでも押せるボタンを設置出来るテーマも増えています。

例)テーマLightning Pro

その他、体験レッスンなどを常時行っている場合は、アクセスしやすく、目につくところにアピールしておいてください。

申し込みはどこからするのか?(予約・申込み)

申し込みや予約ボタンを設置するポイントは、

  • 目立つところに
  • わかりやすく
  • 流れを考えて、置く

です。

サイドバーにバナーで配置したり、トップや上でご紹介したスマホの固定メニューに置くのは当然ですが、何より大事なのは「流れを考えて、置く」ということです。

よく言われる「導線」です。

導線を考えるポイント

  • どうやってこのページに辿り着いたのか?
  • どの部分から読んだのか?
  • どこ(どの記事)から申し込もうと思ったのか?

お客様の行動を想像して、その先々に「申込み」ボタンをつなげていく。

導線は一つではないので、いろんなパターンをイメージしておきます。

そうすると、

「ここにこのボタンがあると親切だな」ということに気づけます。

一般的には、

「スケジュール」を確認してからの「申込み」
「メニュー」「講座」「サービス」を確認してからの「申込み」

が、多いですよね。

そのあたりに、わかりやすくリンクを貼っておくことをおすすめします。

例)各メニューの下に予約ボタンを設置

例)WordPressの無料テーマLightningならこのような申込みボタンが、サイドバーや記事下に簡単に設置可能です。
問合せボタン
さらに成約率を上げたいなら以下の項目を付けておくことも、オススメします!

掲載しておくとなお良いもの

  • 最新の情報はどうやって受け取れるのか?(メルマガ、LINE@)
  • 他の教室との違いや特徴

”今すぐ”ではないけどいつかお願いしたい・・・そう思って、そのページを「お気に入り」に入れておくかもしれませんが、すぐに忘れてしまいますよね。

そうならないために必要なのが、

「メルマガ」や「LINE@」などプッシュ型のツールを利用して、いつでもこちらからアクションを起こせるように、つながっておくといいでしょう。

また、同じようなサービスが多い分野でしたら、他のお教室や先生と自分は「何が違うのか」をしっかりとアピールしてくださいね。

以上、皆様がお客様に「選ばれる」ことを、心より願っています。

今回ご紹介したようなホームページはこちらから作れます↓
ホームページ作成講座

 
この記事を書いた人

PC講師20年、おうちサロン歴6年。
次男の障害をきっかけにママ支援をするも、SEOの知識の無さから本当に必要な人に情報が届かないという、もどかしさを経験。それをきっかけにWordPress、SEOを本格的に学び、同じ悩みを持つ女性個人事業主の方に向けて、情報発信をしています。

詳しいプロフィールはこちら