自宅サロンママのためのネット集客術

WordPressで作るホームページ制作サービス

提供メニューやコースをお客様にわかりやすく伝える方法

926 views
約 7 分

こんにちは!
伊藤真穂です。

1人で様々なサービスを提供できるのも、
個人事業主ならではの特典ですよね。

しかし、

メニューが多すぎて整理できない」
「どんな順番で並べていいかわからない」
「メニュー名がわかりづらい」
「お客様にわかりやすくするにはどうすればいい?」

そんなことで悩んでいる方も多いはず。

この記事では、

どうすれば、提供メニューやコースをわかりやすく伝えることができるか?

について書いていきます。

並べ方や、
どうグルーピングするかによって、

「選んでもらえるメニュー」に変えることができるのです。

ひと目でわかるためのグルーピング

ホームページやブログの最終ゴールは、
「あなたの持っている商品を買ってもらうこと」

ホームページやブログにたどり着いた瞬間に、

「この人は私に何をしてくれるのか?」

ひと目見てわかることが大切です。

 

そのためにまず行うのが、
メニューをグループ化するということです。

以下、5つのグループ化方法を、
これまでの私の制作事例と併せてご紹介します。

1,項目でわける

これは単純に、メニューを内容を項目ごとにわけます。

例えば、”雑貨とラッピングのお店 Ajito様”
トップメニュー

持ち込みラッピングサービスの中には、スタンダードプラン・アニバーサリープランなど目的別に金額が違うサービスがいくつかあり、ラッピング教室も入門・ステップアップコースなど分かれています。

でも、出すのは3つ。

同様に、

”ライフスタイルレッスン 様”
自分がお願いしたいことに直行できます。

やはり、3つぐらいがいいですね。

2,目的(ニーズ)でわける

項目でくくったらすごい数になってしまう場合は、「その人がどうなりたいか?」「何を得たいか?」という目的で分けていきます。

ほとんど動いておらず恐縮ですが私のカラーサロンのホームページ。

カラーサロンメニュー

同じくカラー系ですが、多才でメニューが圧倒的に多いHearty Colors様

どう提示するかは私も非常に悩みましたが、あえて絞らず全部出しました。

hearty-colorsメニュー

このようにメニュー数が多くても、
目的別にすることで、手に取りやすくなります。

セッション系と資格系を同時にされている方や、
お料理やお菓子教室系だと、

「自分で楽しみたい」
「教えられるようになりたい」

とか、

「みんなでワイワイ学びたい」
「少人数でじっくり教えてほしい」

みたいな。

グループ名を付ける時のポイントは、あまり難しく考えず、友達と話していて「私ってこんなのがいいのよね」って言っているような言葉だと、誰でもすんなり入りやすいです。

「仕事にしたいなー」
「おしゃれになりたいなー」
「相談したいなー」
「ちょっと体験したいなー」

そんな会話の中の言葉をヒントにしてください!

3,提供スタイルでわける

これは、同じサービス内容でも、
様々な受講スタイルや、サービス提供スタイルを持っている場合です。

例えば、

「メール」「Skype」「対面」「会場受講」「オンライン」「オンデマンド」などなど。。

こちらは弊社「発達凸凹アカデミー」(現在リニューアル中です)

発達凸凹アカデミーメニュー

「自宅で学ぶ」と「会場で学ぶ」がスタイル別です。

これは、1や2と併せてもいいです。

同じ内容だけどいろんな手段があるんだよ、という「オンラインレッスン」や「メール(Skype)相談」は、

目立つように打ち出したいところです。

4,金額でわける

おうちサロンでは少ないかもしれませんが、同じような内容で金額によってサービス内容が違う場合。料金表

お教室でも、応用できるかもしません。

5,期間で分ける

「1Dayレッスン」「6回コース」「12回コース」

や、

「単発コース」「じっくりコース」

や、

「1ヶ月コース」「3ヶ月コース」

などなど。

同じものを習得するにも、
一気に学びたい方もいれば、

ゆっくり時間をかけたい方もいます。

こちらもお教室系はいいですね。

この場合、

「単発だから得られること」
「時間をかけるから得られること」が、

それぞれ明示できるとなお◎です。

メニューの整理方法

それではここからは、

実際にご自分のメニューの整理をしていきます。

用意するものは、「紙」「付箋」「ペン」です。

1,自分のメニューを付箋に書き出す

まずは既存のメニューはもちろん、この先やってみたいことをすべてひとつひとつ付箋に書き出します。

いらないものや、売れそうにないもの、内容がかぶっているものは後から外しますので、あまりに何も考えずに出し切ってください。

2,どのパターンか見極める

先程あげた5つのパターン(項目、ニーズ、提供スタイル、金額、期間)の中で、自分のメニューをわけるとしたら、どのパターンが一番しっくりくるか、みつけます。

3,付箋でグルーピング

付箋を使って、グループ化していきます。

項目別だったら、多くても3つぐらいにしぼると、ホームページ上では打ち出しやすいです。

このくくりを見ただけで、
あなたの仕事がなんなのか直感的にわかるといいです。

4,得られるものを書き出す

分けたグループごとに、お客様の得られるモノ(ベネフィット)を書き出します。

「癒される」
「仕事に使える」
「前向きになる」
「キレイになる」
「短期間で学べる」
「気軽に試せる」

などなど、思いつくだけ書き出しておきます。

5,グループ名をつける

必要に応じて、上記で出したベネフィットがわかりやすいような、グループ名を付けます。(項目別にわける場合はそのまま商品をカテゴリーわけした名称のままでOKです)

4で出した言葉をそのまま使ってもOKですし、とにかく誰が見てもわかりやすいものにします。

出来上がったら、
ちょっと引いて、

しばらく眺めてください。

作業は、ここまでとなります。

一晩寝かして、納得したら是非ブログやホームページの内容を書き換えてみてくださいね!

さらにあるといいもの

ここからは、ちょっと応用編です。

わかりやすく整理ができたら、あとはさらにお客様が手にとりやすいように、

・目玉商品
・人気メニュー

があるといいでしょう。

余裕のある方は、ちょっと考えてみてください。

目玉商品

想像してみてください。

スーパーの入り口に、
「本日のお買い得!!」と書かれた、安いお菓子やカップラーメンが山積みされています。

全く買う予定はなかったのに、思わず買い物カゴに入れていることってありませんか?
(後から後悔するかどうかは別として)

さて、あなたにとってのこの「目玉商品」は何でしょうか?

ある方は、一番メインの位置に置いてください。

ない方は、是非作ってみてください。

・無料メルマガ
・最新情報が受け取れるLINE@
・1コインレッスン
・体験レッスン
・商品が買えるイベント
・まずは1つ無料で相談のります!

この入り口となるメニューは、
お客様とつながる最初の出会いとなるものです。

メイン商品の単価が高ければ高いほど、入り口は手軽にします。

人気メニュー

メニューが多い方は、是非やってほしいのがこの「人気ですアピール」

ランチでも「店長おすすめ!」とか「一番人気!」と書いてあると、迷った時に選んでしまいませんか?

メニューの後ろに「人気です」と入れるだけでもOKだし、出来る方はこんな風にランキング表にしてみてください。

人気メニューランキング

全く知らない人に見てもらう

出来上がったら、

できれば、全く知らない人に見てもらってください。

自分や同業者や先生たちは、それが何かすでに知っているのでどう表記されていても、イメージがついてしまうのです。

知識ゼロの方が見ても、

自分が手に入れられる未来をイメージできるかどうか?

聞いてみてくださいね。

以上です!

自由自在に変えていけるのが、
個人事業主のいいところ。

柔軟性をもって、自分のメニューたちを進化させてくださいね。