自宅サロンママのためのネット集客術

WordPressで作るホームページ制作サービス

ブログを書くのが3倍楽しくなる!キーワード検索数を調べる方法

July 22, 2016
252 views
約 5 分
ブログを書くのが3倍楽しくなる!キーワード検索数を調べる方法

ブログで何をテーマに書けばよいのか悩んだ時は、みんながどんなキーワードで情報を探しているかを参考にするとよいでしょう。

Googleから無償で提供されている『キーワードプランナー』というツールを使うと、その言葉がこの1年間で、月間どのくらい検索されたが、わかります。

例)『カラーセラピー』というキーワードの検索数

キーワードプランナー

 

全く検索されていない言葉を使い続けるよりも、

1ヶ月で数百件もの検索数がある言葉をタイトルに入れた記事をたくさん書いていったほうが、あなたのブログやHPにお客様が辿り着いてくれる確率が上がる、ということです。

これは、Googleが無償で提供している『キーワードプランナー』というツールを使えば、誰でも調べることは可能です。

キーワードプランナーとは?

キーワードプランナーとは、Googleアドワーズというインターネット上に広告を出すためのサービスの中にあるツールの1つ。

実際、広告を出さなくてもアドワーズにユーザー登録すれば、利用できます。

 

キーワードプランナーを使うには

Googleのアカウント取得

Googleアドワーズアカウント登録

キーワードプランナーで検索数を調べる

 

次から1つ1つ手順を説明しますね。

 

Googleアカウントの取得

Gmailを使っている方はGoogleのアカウントを持っている、ということになりますので、次の項目へ進んでください。

持っていない方は、以下より取得します。(3分でできます)

Googleアカウントの作成

 

Googleアドワーズへアクセス

まずは、こちらへアクセス

Googleアドワーズ キーワードプランナー

 

こんな画面がでたら、
右上の『ログイン』をクリック

キーワードプランナー ログイン

Googleアカウント(メールアドレス)とパスワードを入力してログインします。

 

 

Google Adwordsのアカウントを作成

キーワードプランナーは、Google Adwordsという広告を作成するツールの中の、機能の1つです。
使用するには、Google Adwordsのアカウントを作成しないといけません。

”Google Adwordsへようこそ!”と表示されます。

このままだとキャンペーンを作る画面になってしまうので、

『設定ガイドをスキップ』をクリックします。

スキップ

 

アカウント作成開始の画面が表示されるので、

メールアドレスを入力、
国、タイムゾーン、通貨を確認して(日本で表示されればそのままでOK)

『保存して次へ』

 

メールアドレスを入力

 

”Adwords へようこそ。”という画面が表示されます。

 

キーワードプランナーで検索数を調べる

 

『運用ツール』の『キーワードプランナー』をクリックします。
※背面の画面が違う場合があります。

 

運用ツール

”何から始めますか?”という画面が表示されます。

一番上の『フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索』をクリックします。

何から始めますか

 

『宣伝する商品やサービス』のところに、検索数を知りたいキーワードを入力します。

地域は『日本』に設定しておきます。

 

検索キーワードを入力

さらに、以下の設定をしておくと見やすくなります。

①『キーワードオプション』をクリック

②『入力した語句を含む候補のみを表示』を『オン』にする

③『保存』をクリック

 

詳細設定

 

上記の設定がすべてできたら、
左下の『候補を取得』をクリックします。

 

候補の取得

 

やっとでてきましたー!

 

キーワードプランナー

 

ちょっと便利な使い方

平均ボリューム数ごとに並べ替えができます。

並べ替え

 

いかがでしたでしょうか?

実は、2016年8月まではもっと細かい数字が出ていたのですが、仕様変更があり今はこんなざっくりした数字です。

でも、検索されている複合キーワードがわかるだけでも、勉強になりますね!

 

実は、もっとここからいろいろ分析したり、活用する方法がたっくさんあります。(他のツールと組み合わせたりすると、もっと細かいことが見えてきます)

でも、おうちサロン運営の皆さんは、まずは以下のことをチェックするところから始めてください。

・ご自分の分野がどのくらい検索数があるのか?

・これからやろうとしていることは、そもそもニーズがあるのか?

ご参考に^^