チラシの作り方

自分でチラシを作るには?

今は広告、宣伝のほとんどはネットが中心・・・という世の中になりりつつありますが、

地域密着型のおうちサロンでは、
チラシの存在も侮れません。

この記事では、
もしもおうちサロンでチラシが必要になったら、何をどう準備すればよいか?という基本的な方法からご紹介します。

チラシを作るには?

おうちサロンママが自分のチラシを作りたい!と思った時、大きくわけて3つの方法があります。

  • 自分で作って自分で印刷する
  • 自分で作って業者に印刷を頼む
  • 制作、印刷を業者に頼む

では
1つ1つみていきますね。

自分で作って印刷する方法

枚数が自宅のプリンターで印刷できる範囲内ならば、この方法が一番安上がりです。

何で作る?

チラシを作れるソフトは、たくさんあります。

Illustrator
Word
PowerPoint
Excel
筆ぐるめなどの年賀状作成ソフト

などなど・・・

文字と図が入れられるものなら、スマホのアプリでも作れます。

本来ならIllustratorやPhotoshopなんですが、
おうちサロンママのPCに入ってる率は低いと思います。

となるとやっぱり、
一番のオススメはWordです。

なぜかというと、
Wordは文書作成が専門のソフトだから。

ExcelやPowerPointでも作成できますが、
Excelは計算、
PowerPointはプレゼンテーションという、

それぞれに、
本来持つ役割があります。

役割以外のことをやらせようとすると、
何倍の時間がかかったり、
手間もかかってしまうものなのです。

どのくらいのサイズで作る?

チラシ作りで最初に決めておきたいのは、チラシのサイズです。

チラシサイズ一覧

↑以前、印刷をお願いしたラクスル様より送られてきた便利なサイズ一覧表です。

A4が一般的な書類のサイズですね。

でもチラシだと、
A4ってけっこう大きいです。

置いてもらう場所にもよりますが、
A4の半分のA5ぐらいだと場所も取らなくていいし、渡しやすいです。

自分で印刷する場合にも、
A4で印刷して半分に切ればいいから、

けっこうな枚数が一度にできますしね!

おすすめプリンター

おうちサロンでテキストなども含め、
よく印刷する機会があるなら、

私はカラーレーザープリンターをおすすめします。

印刷速度も早いし、
インクジェットプリンターのように、インクがすぐに無くなりません。
(使用して3年以上、年間1,000枚ほど印刷していますがトナー交換は一度だけです)

こちらは私も使っているNECのもの。

ただ、

インクジェットプリンターのように、
机の上に置いて使えるほど小型ではありませんので、

それだけご注意くださいね。

自分で作って業者に頼む方法

100枚以上だったら、データは自分で作って、あとは印刷屋さんに出したほうが楽だと思います。

何より仕上がりもいいし、
紙質も選べますから。

印刷業者さんはいくつもありますが、
わたしがよく使うのはラクスル




今なら会員登録するだけで500円分のクーポンがもらえるようです。

安くて品質もよかったです。
(イベント出展時に2回、自分のセミナーに1回利用させていただきました)

100部500円〜なので、インクジェットプリンターで印刷するなら、インク代より安いかもしれませんね。

発注までの流れはこちらの記事

チラシ印刷のデザイン作成から注文までの流れ

2016.09.05

 

制作、印刷を業者に頼む

多少お金がかかってもいいから、プロにお願いしたい!という場合。

デザインをまるごと頼むと、
けっこうな額になります。

例えば前述のラクスルだと、
スマートチラシというプランがあります。


これは、
ポスティングまで含んだサービスで、

デザインを自分でやれば、かなり安く抑えられます。
(なんとプロが赤入れしてくれるという有り難いサービス付)

地域密着型のおうちサロンでは、
Webよりもポスティングが効果が高い場合もありますよね。

他にも様々なプランがあるので、
予算に合わせて検討してみてくださいね。



以上、チラシづくりについてでした。

先々、様々なチラシやサロン案内など作る予定なら、一度習得してしまったほうが安いですよ〜

Wordで素敵なチラシを作れるようになりたい!

チラシ作成講座