自宅サロンママのためのネット集客術

WordPressで作るホームページ制作サービス

Googleアナリティクスは、ここだけ見ればOK

August 10, 2016
1831 views
約 5 分
Googleアナリティクスは、ここだけ見ればOK

『Googleアナリティクスでアメブロの正しいアクセス解析結果を知る方法』の記事の続きです。

アクセス解析ツールGoogleアナリティクスを導入したはいいけど、初めてその画面を見た時には、

どこから何を見ていいのやらさっぱりわかりません。

『やっぱりアメブロのアクセス解析がわかりやすかった・・・』なんて思うでしょう。

ここでは、おうちサロンママだったら、まずはここだけ見ればOK!という場所をお教えしますね。

 

Googleアナリティクス画面へのアクセス方法

登録の時にお気に入りに入れていた方はそのまま、入れ忘れた方はGoogleアナリティクス公式サイトへアクセスします。

1,「ログイン」をクリック

Googleアナリティクスログイン

 

2,ログインするとこんな画面が表示されますので、見たいサイトの「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックします。

※注:私はいっぱいでてきますが、最初は1つだけです。

Googleアナリティクスホーム画面

3,ユーザーサマリーという画面が表示されます。

この画面で見るのは2ヶ所

ユーザーサマリー

 

①期間:通常は直近の1ヶ月間が表示されます。クリックすることで日数を変えられます。

②以下、ひとつひとつ見ていきますね。

セッション
→サイトに訪れた人数(同じ人が2回来ても別人とされる)

ユーザー
→サイトに訪れた人数(重複なし)

ページビュー数
→見られたページ数

ページ/セッション
→訪れた人が1回に見るページ数

平均セッション時間
→どのくらい、いたか

直帰率
→1ページだけ見て帰った人の割合

新規セッション率
→初めて来た人の割合

 

・・・名前が難しいですよね。

 

あなたのサイトを百貨店に例えてみる

こう考えてみましょう。

あなたのウェブサイト(ブログ)を百貨店と考えます。

中にある一つ一つのお店がページ
お客様はユーザーです。

お客様は百貨店に入って、どのくらいのお店を見てくれたのでしょうか?

 

これが、ページビュー数です。

 

百貨店を訪れたお客様が、この期間にどのくらいいたのでしょうか?毎日通う人もいるし、たった一度来ただけの人もいるはず。

全部ひっくるめて数えた人数が、セッション数です。

 

もしも、『初めて来た人には”私はこの百貨店が初めてなんです”というプラカードを下げる』というルールがあったとします。(どんなルールだ)

 

そしたら、そのプラカードを下げている人だけ数えたのがユーザー数です。

 

ここからわかること

Googleアナリティクスを使って知るべきことはたくさんあるのですが、まずはこの言葉に慣れるところから、です。

最初は、自分のブログにこの1ヶ月間どれだけの人が来てくれたのか、どのくらい滞在してくれたのか、何ページみてくれたのか・・・

設置して1ヶ月したら、みてみてください。

 

上記の数字からだけでも、こんなことがわかります。

 

「新規セッション率が低い」
リピーターが多いけど新規が少ない

検索にひっかかる対策をしたり、読者を増やしたり・・新しい人に知ってもらう工夫に力を入れる

 

「直帰率が高い」
1ページだけ見て帰る人が多い

新規セッション率とも合わせて見ないといけないが、HPの場合は他のページを読んでくれるような仕組みを作らないといけない

などなど、です。

 

 

どんなキーワードで検索されてる?

これは一番気になるところですね。

1,画面右側をスクロールして「集客」をクリック

GoogleAnalytics画面

 

2,「概要」をクリックします

概要

円グラフが表示され、それぞれどんなところからの流入が多かったのか、わかります。

・Organic Search
→YahooやGoogleなどからの検索

・Social
→FacebookやTwitterなどのSNS

・Referral
→ブログなどSocial以外からの流入

・Direct
→特定のものがない

 

で、下のグラフの「Organic Search」をクリックすると、検索ワードが表示されます。

※何やら英語で書いてあるものはスパムですので、無視してください。(除外する方法はいつか書きます・・)

 

いずれにしても、これらはGoogleアナリティクスアクセス解析ツールを設置して、ある程度の期間が経過しないとわかりません。

 

また時期がきたら、アクセス解析で見るべきポイントをまとめますね。