チラシ印刷のデザイン作成から注文までの流れ

チラシ印刷の頼み方

枚数が多いのでチラシの印刷は業者に頼みたい!

そんな時、

何で作ればいい?
どんなファイル形式で送ればいいの?
注意点は?

デザインデータ作成時に、
必ず知っておくべきことをまとめました。

自分で印刷する場合とは違う部分もありますので、デザインを作る前に読んでくださいね。

今回ご紹介するのは、

TVCMでもおなじみのラクスルでの発注の流れを例に、ご説明します。

入稿までの流れ

まず入稿までの流れを、簡単にご説明します。

会員登録

データ作成

発注

入金

データ入稿

確認

受け取り

受付日から出荷日が、
近ければ近いほど金額は高くなります。
ラクスル料金表

10日以前が最安なので、遅くともチラシ受取希望日の2週間前までを目処に、発注することをおすすめします。

まずは会員登録から。

今なら会員登録するだけで、500円クーポンがついてくるみたいです。
ご登録はこちらから↓

データ作成

会員登録したら、データを作成します。

受付可能なデータは以下の通りです。

  • Illustratorイラストレーター
  • Photoshopフォトショップ
  • InDesignインデザイン
  • QuarkXPressクオーク(PDFのみ)
  • Wordワード
  • PowerPointパワーポイント

※Mac版のWord、PowerPointはPDFデータならOK

おうちサロンママの多くはWordで作ると思います。そのまま保存して入稿してもいいのですが、PDFデータでの入稿をおすすめします。(トラブル軽減、データ容量軽減のため)

PDFデータでの保存方法は後ほど説明します。

テンプレートのダウンロード

ラクスルのHPからテンプレートをダウンロードして作成します。
ダウンロードはこちらから

サイズを確認して、ダウンロードをクリックします。

ラクスルテンプレート

縦、横の2種類のデータがダウンロードできます。

ダウンロードファイル

作りたい方を開いて、作成開始します。

作成時の注意点

 

データの色について

Wordで作成して入稿する際に、知っておきたいことが1つあります。

それは、『画面にでている色がそのまま印刷されるわけではない』ということ。

特に発色の強い鮮やかな色は、くすんだ色になります。
カラー変換時のイメージ

WordやPowerPointで作る場合は、このことをご理解した上で作成・依頼してください。

もし、色にこだわるようでしたら、IllustratorやPhotoshopでの作成をおすすめします。

ただ、私もWordで作成して入稿しましたが、そんなにとんでもなく違う・・ということはありませんでした。むしろ気づかなかったぐらい。。

こればかりは、データにどんな色を使っているかによって違ってくるので、なんとも言えないところですが・・・

塗り足し

フチ無しで紙いっぱいに印刷したい場合には、「塗り足し」をしなければいけません。

ラクスルの場合は、テンプレートに「塗り足し」用のラインがあるので、その線よりはみ出して画像をいれておけば、用紙いっぱいに表示されます。

テンプレートの下にも書いてありますが、これだけ意識して作ってください。

テンプレートの説明

 

文字のサイズ

文字のサイズは8ポイント以上にしないと、印刷時につぶれる可能性があります。

 

色の濃度

6%以上、できれば10%以上でないと表示されない場合があります。

ただ、濃度10%って色によっては画面でもほとんど見えないぐらいの薄さです。

図形の塗りつぶしの一番上の色ぐらいなら、全然大丈夫ですよ。

塗りつぶしの色

 

出来上がったら、PDFとして保存します。

・まずWord文書として、通常通り一度保存をしてから行ってください。

・PDFで保存する前に、ガイドの線を削除してください。(ヘッダー/フッター部分をダブルクリックして、ガイド線を選択しDelete)

 

 

Word文書をPDF形式で保存する方法

PDFとは電子の紙と言われていて、紙に印刷する状態のイメージで保存できます。(印刷プレビューの状態みたいなもの)

Word文書をPDFで保存するメリットとしては、

  • どんなPCで開いても同じ状態で見られる
  • データ容量が軽くなる

Word文書での保存だと、Wordのバージョン違い、OSの違い(WindowsかMacか)によって表示が変わります。フォントの種類も違ってきますので、PDFで保存することで表示の互換性を保てます。

PDFで保存した配布したデータは、受け取った側では追加・修正できません。

保存方法は至って簡単です。

  1. 「ファイル」ー「名前を付けて保存」
  2. 「ファイル名」を入力
  3. 「ファイル形式」でPDFを選択
  4. 「保存」
ファイル形式

※Wordが保存できるファイル形式には、このように様々な種類があります。

 

保存ができたら、サイズや紙の種類を決定して注文です。

出荷日が迫っているほど、金額が高くなります。
(1週間以上前なら変わりません)

早めの注文をおすすめします。

 

紙の種類についてはこちら

チラシ印刷を頼む時のサイズと用紙の種類、厚さの選び方

チラシ印刷を頼む時のサイズと用紙の種類、厚さの選び方

2016.09.07