自宅サロンママのためのネット集客術

WordPressで作るホームページ制作サービス

Facebookは仕事でどう使う?個人ページとFacebookページの違い

October 1, 2016
391 views
約 7 分
Facebookは仕事でどう使う?個人ページとFacebookページの違い

Facebookで集客ってできるの?
Facebookページって何?
プライベートと仕事との分け方がわからない・・

おうちサロン、ママ起業家で、

Facebookをうまく仕事で使いたいけど、
その仕組や方法がいまいちわからない・・

この記事はそんな皆様のために、
Facebookを仕事にどう使うか?というところからご説明します。

Facebookは集客に使える?

皆さんが一番気になるところですね。

結論から言うと、
『Facebookから直接申込を獲得するのは難しい』

と考えてください。

『Facebookで物は売れない』

そう言われますし、
私も経験上、そう思います。

どちらかというと、

『Facebookで物を売ってはいけない

私は、そう思っています。
(これは後ほどFacebookの仕組みのところで理由を説明します)

Facebookは、

知ってもらうきっかけになったり、ファンを作る場所にはなり得ます。
認知ですね。

HPやブログは、

『入り口はたくさん、出口はひとつ』という考え方があります。

  • 入り口→検索、Facebook、Twitter、口コミ、HPの場合はアメブロも入り口のひとつ
  • 出口→講座申込、メルマガ登録など、なんらかのアクション

Facebookは、あなたの活動を知ってもらう入り口の1つとしては、非常に有効です。

仕組みを正しく理解して、是非うまく活用してしてくださいね。

 

Facebookには2つある

Facebookには、

  1. 個人ページ
  2. Facebookページ

の2つがあります。

例えば、

私は”伊藤真穂”という個人ページを持っていて、Facebookページを4つ持っています。

個人ページとFacebookページ

 

個人ページとは?

  • 原則として本名で登録
  • 友達申請して友達を増やす
  • ”フォロワー”を増やせる
  • 友達の投稿にいいね!できる
  • 友達の投稿にコメントできる
  • 自分で写真や文章を投稿できる
  • イベントやグループを立ち上げることができる
  • 投稿内容は検索にひっかからない

位置づけとしては『知り合い同士で情報交換するツール』です。

Facebookページとは?

  • 本名以外で登録可能
  • 友達申請はできない
  • ページに「いいね!」してくれた人のフィードに投稿が表示される(全部じゃない)
  • 広告が出せる
  • インサイトという解析ツールが使える

位置づけとしては『企業や個人が宣伝として使うツール』です。

細かいことはもっとありますが、
ざっくり言うとこんな違いです。

仕事に使うならどっち?

上記を見ると、
『Facebookページじゃんっ!!』て思いますが、一概にそうとは言えません。

個人ページを、上手に宣伝ツールとして使っている方もいます。

個人ページを宣伝に使える人

  1. ”友達”の中にお客様になり得る可能性が高い人が多い
  2. フォロワーが多い

こんな方は、個人ページも充分宣伝ツールになります。

個人ページの【フォロワー】とは?

”フォロワー”とは、
Facebookの「設定」ー「フォロワー」で「公開」すると名前の横に表示されるもの。

Facebookのフォロワー設定

 

個人名のタイトルの横に『フォローする』というボタンが表示されるようになります。

フォローボタン

”友達”のように申請や許可がなくとも、繋がることができます。
フォローしてくれた人のフィードに、あなたの投稿が流れてくる、という仕組みです。

Facebookページの「いいね!」に似ていますね。

この場合は、ブログやホームページにこんなバナーをつけて、

フォローする

『最新情報はこちらで発信してます^^フォローしてくださいね!』ってします。(私はやってませんが)

 

やり方は、
上記フォロワーの設定で”公開”にします。

↓こんな画面が表示されるので、一番下のコードをコピーしてブログなどに貼り付けます。

フォロワーの設定

 

 

よく『友達申請お待ちしています!』って方を見かけますが、私はやめた方がいいと思います。
そのあたりはセキュリティのことも含め、また別の機会に書きますね。

『ブログを更新しました』はどうなの?

アメブロと個人ページを連動して、ブログを更新すると自動的に個人ページに投稿される設定にしている方も多いと思いですね。

これは、

友達の中に、

  • お客様になる人がいない
  • お客様になる人は少ない

その場合、いくらFacebookの”友達限定公開”で『ブログを更新しました』と投稿しても、外には出ませんので宣伝効果はあまり期待できません。(もちろんお友達は読んでくれますし、そこからシェアとかあるかもしれませんが・・)

また、Facebookのフィードに表示される仕組み的にも、あまりよい策ではありません。

 

フィードに表示される仕組み

これは、個人ページでもFacebookページでも共通のことなので、是非知っておいてください。

Facebookを開くと、
お友達の投稿がタイムラインに表示されますね。

これは、

・自分の友だちの投稿
・自分がいいね!をしたFacebookページの投稿
・友達がいいね!、コメント、シェアした投稿

などが表示されています。

でも、全員、全部じゃないですよね?

Facebook側のアルゴリズムは日々進化していて、”よりユーザーに有益な情報”を届けるために、激選された情報だけが表示されるようなっています。

薄々感じていると思いますが、

・よくいいね!する人
・最近タグ付けされた人
・よくいいね!する記事
・友達の数人がいいね!してる投稿や記事

など、

より自分と関連性の高いものが選ばれて、表示されています。

 

投稿する内容を選ぶこと

ですから、

個人ページ、Facebookページに関わらず、
FacebookをPRの場として使うなら、

『内容を選んで投稿すること』

個人ページでも、
Facebookページでも、

投稿に「いいね!」してくれない人のフィードには、表示される頻度が徐々に下がってきます。

逆に、いつもいいね!している人やFacebookページは、流れてきやすいのです。

スルーされるだろうな・・って思う記事は、
むしろあげないほうがいいのです。

Facebookで物を売ってはいけない理由が、ここにもあります。みんな広告・宣伝は嫌いですから、発信すればするほどするスルーされて、せっかくつながってもフィードに投稿が表示されづらい・・という残念な結果になります。

投稿すればするほど、見てくれる人が増えるブログとは、仕組みが違うのです。

 

Facebookをどう使いたいか

Facebookを仕事で使っている方は多いですが、プライベートの情報発信・受信の場として利用している人も多いことを忘れてはいけません。

自分から見に行くブログやHPと違って、受け取る要素の強いFacebookは、もう少しセンシティブなものとして扱ったほうがよいと思います。

受け取る相手のことを考えながら、自分なりにこのツールをどう使うかを決めて、うまく活用してくださいね。

結局、個人ページの話で終わってしまったので、
次の記事はFacebookページならではの機能をご紹介します!

 

まとめ

・Facebookは認知してもらう場としては有効

・Facebookページには、個人ページとFacebookページの2つがある。

・個人ページでPRするなら、フォローボタンをつけてPRしたいことを公開設定で投稿する。

・Facebookをビジネスで使うなら、投稿する内容をきちんと選んで公開すること。

 

Facebookシリーズはもう少し続きます・・